2009年01月31日

ジャスミン茶の入れ方

水分を多く摂ることは健康にも良いので、日頃からコーヒーやら水やら緑茶をガブガブ飲んでいます。
この中でもジャスミン茶が大好きで、入れ方や飲み方を研究する毎日。

以前某ホテルの中華料理店で働いていたのですが、いつもデザートの前にジャスミン茶を出していました。
そのお店でのジャスミン茶の入れ方は2リットルぐらいの大きなやかんに水をいっぱい入れて、カレースプーン3杯のジャスミン茶をボール型の茶こしに入れ、沸騰するまで沸かします。
色と香りが出たらティーポットに注ぎ、お湯につけて温かい状態にしていました。

従業員は喉が渇くと、常にこのジャスミン茶を飲みながら仕事をします。
この頃の習慣から今でもジャスミン茶を愛飲しています。

普段は麦茶と緑茶を多く飲んでいるので、たまに飲むジャスミン茶の入れ方はお茶パックに大さじ2杯ほど入れ、小さめのティーポットにお湯を注ぎ2,3分待って出来上がり。
砂時計なんかを使うとちょっと素敵なティータイムといった感じです。

無印良品で販売しているローズジャスミン茶はティーバックなので入れ方も簡単で香りが良いし、花入りジャスミンティーはお湯を注ぐとその花が開き見た目にも楽しいので気に入っています。

ジャスミン茶は温かい状態で飲むことがほとんどですが、夏は冷やして飲んでもおいしいです。
アイスティーの入れ方と同じで香りと色がついたジャスミン茶を氷でいっぱいにしたグラスに注いて混ぜます。

なかにはあの独特な香りが苦手という人もいますが、ビタミンCが豊富でリラックス効果のあるジャスミン茶。
飲んだことない人は飲んでみる価値ありです。

外為どっとこむ プライムfx データ入力 アルバイト ニキビケア webデザイン スクール ゴルフ練習場 ラパルレ メンズ 品川近視クリニック オリックス証券 FX fx システムトレード
posted by pia at 14:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。