2009年01月09日

こんにゃく湿布で毒素を出す!

風邪をひいてしまいまして、会話もスムーズに出来ないほどしんどい日々を過ごしています。
咳と痰がひどく、なぜか最近咳をすると右のわき腹がひどく痛むようになってしまいました。
「こりゃ、早く治さないと!」
と思い、こんにゃく湿布で毒素を出すことにしました。

こんにゃく湿布で毒素を出すというやり方はずいぶん前にどこかのブログで読んだのですが、今回私もブログで紹介、そして実行してみようと思いました。

こんにゃくは半分に切り、お湯で温めます。
タオルでそのこんにゃくを包んで右わき腹に当てます。
「あちちちっ!あちちっ!」
あまりに熱いので適度に温かさを感じるよう、もう一枚タオルを増やしました。

本当にこんにゃく湿布が毒素を吸っているのかわからないのですが、こんにゃくが私の体内の毒素を吸っているイメージをしつつ横になること30分。
痛みはまだあるのですが、「激痛→やや痛い」という具合に変化しました。
今晩残っている半分のこんにゃくを使ってまた試してみるつもりです。

しかしこの毒素を吸ったこんにゃく湿布はやはり料理に使わない方が良いですよね。
「ありがとう、こんにゃく湿布。毒素を吸ってくれて…」
と感謝しつつゴミ箱にポイッしました。

旦那はこんにゃく大好きなのですけど、毒素を吸ったこんにゃく湿布で料理して、それを食べて具合が悪くなるのか?と思うと悪魔的好奇心がウズウズしますがこの不況の中、働いてくれないと困るのでやめておきます。

普段肩こりや筋肉痛なんかにも、冷蔵庫にこんにゃくがあると便利ですね。
今後もこんにゃく湿布で毒素を出すと習慣を身につけておこうと思いました。

外為.com 選べる外貨 データ入力 バイト プロアクティブ 口コミ dtp スクール モテる フォーランド 視力回復 レーシック 外為どっとコム 外貨 fx
posted by pia at 20:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。